貴女は○○な私も許せる?

 

脳を遊ばせて

安定売上を達成する♪

アラフィフ以上に最適化した

遊脳(うのう)経営メソッド

倉千鶴です^^

 

 

 

遊脳(うのう)経営メソッドとは

10日ギュッ❤と好きな仕事して

10日学んで

10日自由に遊ぶ

 

 

 

というlifeStyleを目指して

脳を遊ばせながら

貴女が望む安定売上を達成する仕組みを作る

メソッドのことです♪

 

 

 

私のクライアントさんには

こんな未来を手に入れいただくために

一緒に商品や仕組み作りをしています

 

 

 

さて、先日は久々に都内へ出て

表参道のUkai-teiへ行きました

シャネルの入っているビルの5階です

最初にキャビアとお野菜の前菜

アスパラのパイ包み

アワビ、エビ、白身魚

メインのステーキ

牛テールご飯だったかな?

意外とさっぱりしてておいしかった~

 

 

 

その後デザートルームに移動して

デザートタイム♪

おいしくって楽しいひと時でした♡

 

 

 

さてさて、今日は

貴女は〇〇な私を許せる?

さてなんでしょう?

貴女は「ダメ」な私を許せる?

 

 

 

子供のころはあきれるほどに出来の悪い子でした

小学生になったころ

大きなどぶに一回落ちて

近くで遊んでた高校生か中学生のお兄さんが助けてくれて

そうじゃなかったら溺れ死んでた・・・

 

 

 

その後も懲りずに小さいドブのヘリを歩いてて

案の定そこにも落ちて

まったく学習ができない子で((+_+))

 

 

 

さらには、田んぼでザリガニ釣りしようとして

(昭和な遊び)

木の枝に糸垂らして餌付けて

大きく振り上げて田んぼに投げ込もうとしたら

どっかに引っかかって

自分が田んぼに投げ込まれたり…( ;∀;)

 

 

 

忘れ物はしょっちゅうで

幼稚園の時衝撃的だったのは

幼稚園のトイレにカバンを忘れてるのに

気が付かずに家まで帰ってきて

親に「あんたカバンは?」って言われるまで気が付かなかった( 一一)

 

 

 

で、足元が弱くて

よく転んでいたんだけど

小学高の運動会では

「よ~いドン!」

の掛け声とともに一歩目で

コロン

と転んで・・・

 

 

 

応援に来ていた祖母や母が

千鶴らしい・・・とウケてたこと

 

 

 

極めつけは

小学校入学前か後か忘れたけど

迷子になって

お巡りさんに

「おうちの近くに何がある?」

と聞かれて

 

 

 

「おうちはどら猫のとなり」

と言っておまわりさんを困らせた話は

母と祖母の語り草で

 

 

 

「この子は残念な子…」という哀れみが

子供ながらも非言語で伝わってきた・・・( ゚Д゚)

 

 

 

大人になってからもその片鱗は残り

よく転ぶのは今でも健在だし

不器用すぎて線引を使っても

まっすぐ線が引けなかったり

 

 

 

仕事上でもラストの詰めが甘くて

「とりあえずこれでいっか!」

ってなってたり

 

 

 

 

結構

「ダメな私」

どころか

「ダメダメな私」

を実感することも多いです(-_-メ)

 

 

 

でも、それもひっくるめて

「私」なんだ!

って許せるようになったら

 

 

 

「できないこと」が「できない」のは当たり前って思えて、笑

 

 

 

そこは誰か得意な人に手伝ってもらえればいいや!って。

気負いがなくなりました。

 

 

 

できないことが「ダメ」なことではない

できないことを人に頼れることで

その人に活躍の場を与えられてるかもしれないし

 

 

 

と今では自分に都合よく捉えるようになったら

色々なことが楽しくなってきました♪

 

 

 

私たちアラフィフ女性は

もう「ダメな私」も許してあげて

伸び伸び生きていきたいですよね~

 

 

 

もっともっと、人にも頼りましょ~~♡

貴女は人に頼れていますか?(^^)

 

 

LINE

友だち追加

おすすめの記事